労働安全コンサルタントとは

労働安全コンサルタント紹介

労働安全コンサルタントは、労働安全衛生法第82条に定める労働安全コンサルタント試験に合格し、厚生労働大臣又は指定登録 機関[(一社)日本労働安全衛生コンサルタント会]の登録を受けた労働安全に関する最高レベルの専門家です。

労働安全コンサルタントの業務 (労働安全衛生法 第81条1項)
『労働安全コンサルタントは、労働安全コンサルタントの名称を用いて、他人の求めに応じ報酬を得て、労働者の安全水準の  向上を図るため、事業場の安全についての診断及びこれに基づく指導を行うことを業とする。』と定められています
労働安全コンサルタントの登録 (労働安全衛生法 第84条1項)
『労働安全コンサルタント試験又は労働衛生コンサルタント試験に合格した者は、厚生労働省に備える労働安全コンサルタン  ト名簿又は労働衛生コンサルタント名簿に、氏名、事務所の所在地その他厚生労働省で定める事項の登録を受けて、労働労働安 全コンサルタント労働衛生コンサルタントとなることができる。』と定められてられています。
労働安全コンサルタントの義務 (労働安全衛生法 第86条)
『コンサルタントは、コンサルタントの信用性を傷つけ、又はコンサルント全体の不名誉となるような行為となるよう行為を  してはならい。コンサルタントは、その業務に関して知り得た秘密を洩らし、又は盗用してはならい。コンサルタントでなくな った後においても、同様とする。』と定められています。
日本労働安全衛生コンサルタント会(労働安全衛生法 第87条1項)
『その名称中に日本労働安全衛生コンサルタント会という文字を用いる一般社団法人は、コンサルタントを社員とする旨の定  款の定めがあり、かつ、全国のコンサルタントの品位の保持及びその業務の進捗改善に資するため、社員の指導及び連絡に関す る事務を全国的に行うことを目的とするものに限り、設立することができる。』と定められています。