事務所案内

代表挨拶

井上労働安全コンサルタント事務所は、事業場の安全衛生を確保するための安全衛生パトロール及び安全衛生管理体制に基づく安全衛生管理業務について、診断を行い問題点があれば改善のお手伝いをします。また、企業の発展は、安全と利益の確保にあります。そのためには、人材はその貴重な資源となります。安全衛生教育を通じて人材育成を図り、企業の発展貢献のお手伝いをします。

代表 井上 順次


沿革

平成21年03月
労働安全衛生コンサルタント登録 登録番号 機 第659号
平成21年04月
(一社)日本労働安全衛生コンサルタント会 埼玉支部 事業部会入会
平成21年09月
(一社)日本労働安全衛生コンサルタント会 生涯研修登録
平成24年04月
生涯研修認定及び称号使用許可取得 CSP労働安全コンサルタント(第302号)
平成24年06月
(一社)日本労働安全コンサルタント会 埼玉支部 理事 広報グループ長
平成29年06月
(一社)日本労働安全衛生コンサルタント会 埼玉支部 理事 広報グループ長 継続
平成30年06月
(一社)日本労働安全衛生コンサルタント会 埼玉支部 幹事 広報部長 継続                                      (組織名称変更)

事務所方針

当事務所は、(一社)日本労働安全衛生コンサルタント会埼玉支部事業部会に所属し、労働安全コンサルタント(以下、「コンサルタント」という。)として、その使命、社会的地位及び職責を自覚し、一般社団法人 日本労働安全衛生コンサルタント会制定の「(一社)日本労働安全衛生コンサルタント会倫理要綱」を遵守することはもとより、埼玉支部事業部会倫理要綱を遵守します。

埼玉支部 事業部会倫理要綱

施行 平成15年9月5日

埼玉支部事業部会所属の労働安全衛生コンサルタント及び労働安全衛生コンサルタント(以下「コンサルタント」という。)は、その使命、社会的地位及び職責を自覚し、一般社団法人 日本労働安全衛生コンサルタント会(以下「本部」という。)制定の「(一社)日本労働安全衛生コンサルタント会倫理要領」」を遵守することはもとより、次に掲げる事 項を誠実に守り、業務を遂行するものとする。


第1条(業務の遂行)
コンサルタントは、常に品位の保持に努め、誠意を持って業務に当たるとともに、強い責任感を持って、業務を遂行しなければならない。

第2条(専門技術の向上)
コンサルタントは、常に良心基づいて行動し、本部主催の研修会及び埼玉支部事業部会の研修に参加し、コンサルタ ントとしての知識及び技術向上に努めなければならない。

第3条(他の専門技術者との協力)
コンサルタントは、業務遂行上必要なときは、他の専門技術者と協力するように努め、質の高い業務を行うようにしなければならない。

第4条(業務、身分の中立性)
コンサルタントは、自己の業務を遂行するにあたり、業務、身分の中立性を保持しなければならない。

第5条(受益の制限)コンサルタントはは、受託した業務に関して依頼者と契約した報酬以外に、金品の贈与、その他これらに類する一切 のものを請求し、受け取ってはならない。

第6条(明確な契約)
コンサルタントが業務を引き受けるときには、業務遂行中に依頼者との間に紛争が生じないよう依頼者との間に契約を結び、業務に着手し、誠実に実施しなければならない。

第7条(秘密の保持)
コンサルタントは、業務上知り得た秘密を洩らし、又は盗用してはならない。

第8条(不当競争の禁止)
コンサルタントは、同業者の名誉を傷つけ、又は業務を妨げるようなことをしてはならない。

第9条(広告の制限)
コンサルタントは、自己の業務又は経歴を過大に表示し、又は誇大な広告をしてはならない。